職業別残業代 | 大阪・難波・堺で、残業代請求に強い弁護士をお探しならお気軽にご相談ください

大阪難波・堺の残業代請求専門サイト
弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

60分無料相談実施中!

06-6586-9400 9:30〜21:00(土日祝も可能)
メールでの予約は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

大阪難波・堺の残業代請求サイト 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズハイ

職業別残業代画像

職業別残業代

●はじめに

労働者が残業を行った場合,使用者に対し残業代を請求することができます。もっとも,残業代は全労働者一律ではなく,雇用条件や勤務状況によって変わっていきます。
そして,労働者の職業によっても,残業時間が多い職業と少ない職業があり,残業代が変わります。
以下では,代表的な残業が多い職業と少ない職業について解説していきます。

●残業の多い職業

・運送業,配送業

運送ドライバーや配送・宅配ドライバーは,残業代が多い傾向にあります。人手不足のため法定労働時間内では終わらない荷物を取り扱っているという点で残業が問題となっています。また,長距離移動の場合,必然的に労働時間が長くなり,残業も多くなります。
運送会社の中には,固定残業代制や事業場外労働のみなし労働時間制を悪用して残業代を労働者に支払わない場合が多いです。
運送業,配送業の残業時間の算定は難しいですが,デジタルタコグラフや,運行記録,日報などの証拠により残業していたことを証明できれば,残業代の請求をすることができます。

・IT,メディア,映像関連

このようなクリエイティブな業務を行う職業では,質を高めようと思えば仕事に終わりがなく,クライアントの対応も必要となり残業が多い職業です。
このような企業では,固定残業制,裁量労働制,年俸制が採用されていることが多く,これらの制度が予定している残業時間を超えて残業を行っていても残業代が支払われないケースが多いです。
もっとも,残業時間がこれらの制度が予定している時間を超えている場合には,その部分については残業代を請求することができる可能性があります。

・飲食店店員,コンビニ店員

飲食店やコンビニは営業時間が長く残業代が多くなる傾向にあります。飲食店店員やコンビニ店員も労働者ですので,時間外労働・休日労働・深夜労働を行えば残業代を請求することができます。
もっとも,使用者側が残業を命じているのにもかかわらず,残業代を支払わないケースも多いので,注意する必要があります。

・店長職

店長という立場上,残業が多い傾向にあります。もっとも,店長であっても雇用されていれば労働者であり,残業代を請求できない管理監督者である場合は少ないので,残業をした場合は残業代を請求することができます。

・医師(勤務医・研修医など)

医師は,高度の専門性と緊急事態に対応することが求められることから,長時間の残業が行われる職業です。医師であっても,勤務医や研修医などの労働基準法上の労働者であるので,残業代を請求することができます。
なお,医師の場合,裁量労働制の適用はなく,また,管理監督者として残業代を請求できない場合になることは少ないです。固定残業制がとられている場合がありますが,予定された残業時間を超えて残業を行った場合には超過分の残業代を請求することができます。

・看護師,医療従事者

看護師は不規則な勤務形態で人材不足も慢性化しているので,残業が多い傾向にあります。
以下のような,看護師の活動についても残業代を請求できる可能性があります。
看護師は研修や勉強会に出席することがありますが,出席しないと業務に支障をきたすものや,強制参加のものについては労働として残業に当たりえます。
定時直前直後の緊急対応は業務命令とみなされ残業に当たりえます。
業務開始時間前の情報収集や,業務終了時間後の看護記録の作成についても,業務の遂行上必要であるので労働として残業に当たりえます。

・現場監督

土木・建築業界では現場監督が特に残業が多いです。現場監督は建築現場にいなければならず,現場での作業後も事務作業をしなければならず,残業をする必要が出てきます。現場監督がやる必要のない業務を押し付けられたり,長時間労働が多いことも,残業が多い原因となっています。
現場監督者であっても残業代を請求できない管理監督者に当たらないので残業代を請求できる可能性があります。
また,現場までの往復や集合時刻から解散時刻までの時間も労働時間と考えられる場合があるので,その部分について残業代を請求できる可能性があります。

●残業の少ない職業

・フィットネス,スポーツジム

このような施設は閉店時間が決まっているため閉店後の残業は少ない傾向にあります。

・薬局

薬局は,開店時間と閉店時間が明確に決まっているので残業が少なく,閉店後もできる業務は限られているので残業が少ない傾向にあります。

・一般事務

一般事務は,やることが限られているため残業が少ない傾向にあります。
このように,開店時間や閉店時間が決まっており残業自体が物理的に困難な職業や,業務自体の内容が限られており残業が生じにくい職業もあります。

●おわりに

労働者の職業により,残業が多い職業と少ない職業があります。残業が多い職業では,適正に残業代が支払われているかを確認し,残業代を支払われていないのであれば一度弁護士に相談するのがいいと考えます。
当事務所では,残業代請求に関し経験豊富な弁護士が在籍しております。残業代請求を検討されている方は,当事務所の弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

お問い合わせ・無料相談

全国に対応しています。事務所にご来所が困難な方は電話でのご相談もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

事務所案内

ロゴ画像

大阪難波・堺東の残業代請求専門サイト

ロゴ画像

難波オフィス

  • 556-0011
    大阪市浪速区難波中1-13-17
    ナンバ辻本ビル4階
  • TEL:06-6586-9400
  • 南海「なんば」駅より徒歩1分
  • 大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅より徒歩3分
  • JR「難波」駅より徒歩5分
  • 近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺オフィス

  • 590-0028
    堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
    ケンスイビル5階c号
  • TEL:06-6586-9400
  • 南海高野線「堺東」駅より徒歩3分
残業代未払い請求の無料相談のご予約はこちら 残業代未払い請求の無料相談のご予約はこちら 相談は何度でも無料!初期費用無料の完全成功報酬
ちょっとしたご質問やご相談だけでも気軽にどうぞ。06-6586-9400 インターネットからのご相談予約お問い合わせはこちら